夏の旅行を安全に

旅行にもってこいの夏


トップ » 旅行にもってこいの夏

夏の旅行では水分補給を

夏の旅行には水分補給が不可欠、しかし本当にそれだけで大丈夫なのでしょうか。ある神社に参詣したときのこと。その神社には何度か足を運んだことがあるため、境内が木で覆われており駅から神社までの道中も含めて直射日光にさらされる頻度が少ないことを知っていました。とはいえ、季節は真夏。熱さに備えて十分な飲み物を摂取しながら、ちょっとした登山に励みました。しかし本殿まで行く途中、なんと気分が悪くなってしまったではありませんか。この時、私は水を飲むことに終始していて、塩分・糖分をとることをすっかり失念していたのです。つまり、直接日光が当たらない、かつ、水を摂取していても塩分・糖分の不足で脱水症状を起こしうるということです。疲れが溜まりやすい旅行中は特に、塩分・糖分を含めた効率的な水分補給を心掛けましょう。

夏の旅を思い切り楽しむ

夏の旅行と言えば、涼しいところ、北海道や信州、高原や海辺ということになりますが、本物の通が言われるには、普通、その季節は外そうというところ、たとえば九州など夏が最高ということになります。余程旅をしていて、もう行くところがないような人でしたら、それも一興でしょう。しかし普通の旅行者は、やはり「涼」を求めます。2、3日休みが取れるならば、移動型よりも滞在型でゆっくりした方がいいでしょう。幸い、日本にはどの地方にとっても近くに涼しい山岳地や、海辺があります。そんなに遠くまで出かけなくてもいいということはありがたいことです。